小説を書くために最初にすることって?【この5つは絶対に覚えよ】

小説を書こう!と決意はしたけど、いざ書き始めるときに、何から始めたらいいか分からない、、、

そんなことってありますよね。

今回の記事では、小説を書くために最初にやっておいたほうがいいことを5つご紹介したいと思います。

01.“何”を書くかまず考える

これは当たり前のことを言っているようで、意外と盲点になるところ。

小説は書き始めたら、“小説世界”というものがグッと広がっていくので、始めに“何を書くのか”をしっかりと決めておかないと、最後のゴールまでたどり着けないです。

時々こんな書き手さんがいます。

「冒頭を書き始めたら、登場人物が動き出した!彼らの動くままにしておいたら物語が完成していた」

「何を書こうとか考えずに、突然アイデアが湧いてきて、それを書き始めたら止まらなくなった」

もちろん一部の天才は「何を書くか」を考えずとも、小説を完成させることができます。

でも僕たちのような凡人には、ぶっちゃけ難しいですよね。

だから、書き始める前に、「この小説は何を書きたいんだっけ?」と自分自身で問いかけて

・「人を裏切りってその報いを受ける物語が書きたい!」

・「医療現場の不正を暴く弁護士の物語を書きたい!」

・「学生の一夏の出来事を書きたい!」

と、物語で“何を書くか”を一言で、言語化してから書き始めたほういいです。

そうすると、途中で筆が止まるようなことがなく、最後まで「物語を書き終える」ことができます。

02.物語の下に眠る“意味”を考える

僕なんかは、かなり面倒くさがり屋なので、小説を読んでいる時に

「この物語って、結局、なにを言うために書いているんだ?」

っていう部分が分からなくなると、途中からただ流し読みになちゃいます。

読者の方々って、結構僕の感覚に近い人って多いと思うんですね。

つまり、物語そのものに、何か意味を感じないと、せっかくの貴重なプライベートの時間を費やしてまで虚構=フィクションなんて読みませんよね。

表面的には夫婦が喧嘩している物語を描いているんだけど、その深いところには、

“結婚してもやっぱ他人は他人。別の個体であるから、分かり合えないもんなんだ。

“夫の言動は一見荒々しいけど、裏にはものすごい深い悲しみを感じる”

と、意味を与えてくれたほうが、短編・長編どちらも読了後の“味わい”が変わってきます。

03.主人公の内面を深掘りしておこう

、、、これめっちゃ大事だと思います。

僕がこないだ小説を書いている間に失敗したので笑

主人公の内面って、物語の良し悪しを決定づけるくらいめちゃくちゃ大切なものです。

なぜなら、主人公の内面の葛藤(→そして成長)が物語を前へ前へと進める推進力になるからなんです。

シェイクスピアのハムレットなんか、まさにそうですよね。

現代の僕たちにとって、昔のデンマークのことなんか、歴史大好き人間ではない限り、一ミリも興味もない。

でも父親の亡霊にそそのかされて、復讐を果たすべきかどうかを迷うハムレットにはすご〜く共感できますよね。

そしてシェイクスピアのハムレットの面白さは、ハムレットが「生きるべきか、死ぬべきか」と内面の苦しめる、出来事を起こさせたところにあるわけです。

主人公が何を求め、何を欲望しているのかを明確にして、彼にどんな障害をぶつければ、主人公が苦しみ成長するのかを考えておきましょう。

04.物語のゴールを決めておく

ゴールなんて先に決めておいたらしらけちゃうじゃん!

と言いたくなるところですが、「ゴール」を先に設定しておいたほうが断然、執筆スピードが早くなります。

(ゴールとは、主人公がいろんな葛藤を乗り越えた先に、何を手にすることができるのかと言い換えてもいいです。)

なぜなら、主人公が求めているものを知っておいたほうが

・主人公はなぜAではなくBという選んだのか

・このエピソードは盛り込んだほうがいいのか

と書いている最中に選択を迫られた時に、「ゴールに至るために必要か不必要か」という観点から考えることができるからです。

05.視点を明確にする

物語は、ある視点から出来事なり人物なりを切り取って、語られていくものです。

ある意味で、視点こそ物語に独自の意味をもたらしているといっても良いです。

語りの形式には大きく分けて3つあります。

・1人称

・3人称

・2人称(初心者の方はあまりオススメしません。)

厳密に言えば、3人称は“全知の視点”、“客観の視点”、“一人の人物に焦点を絞った視点”に区別することができます。

またそれぞれの視点によって、語りに変化が生まれやすいというメリットもあります。

【Hulu】2週間無料トライアル中

【Hulu】は7万本以上の作品見放題!
【Hulu】は7万本以上の作品見放題!