年の差恋愛ってどうなの?年の差恋愛のリアルな話をご紹介!

【こんな悩みをもつ恋愛女性に向けた記事】
・年上の素敵な男性を好きになってしまいました。恋愛に年の差って関係するのかな?
・年下彼氏ができました。正直言って年の差恋愛って不安です。価値観が合うのかとか、この先どうなるかって考えると・・・

こんにちは、恋愛エンタメ部のライターhimekoです。

芸能ニュースなどでもよく取り上げられる、年の差恋愛。

興味はあるし憧れもするけれど、実際のところはどうなんだろう?

もし、自分にそういう機会が巡ってきたら…?話が合わないからダメ、ケンカしそう、などなど。悪い印象を持ちがちですが、最初から対象外にせず思い込みの枠を外しておけば、思ってもみないような素敵な出会いがあるかもしれません。

【結論】好きという気持ちがあれば、恋愛に年の差は全く関係ない!

いずれにしても私達は、つい分かりやすい答えを探しがちです。

恋愛がうまくいかなかった時も、複雑な理由には目を瞑り、とにかく相手が持っている分かりやすい何らかの要因を、その理由として探します。

血液型や家族構成に職種、などなど。

その中で一番結論づけやすいのが年齢かと思います。

もちろん傾向として参考になるところはありますが、個人の多様性というものは計り知れないものがあり、特に、互いの関わりによって作られる恋愛関係は、何より相手への気持ちがカギになってくるのです。

年の差恋愛が問題ない理由は?

それではまず年の差恋愛に問題がない理由をご紹介しましょう。

基本的に以下の3つをおさえていただければ大丈夫です。

・年の差が気になるのは最初だけだから

理由1気になるのは最初だけ!

誰でも最初は、相手のスタイルからファッション、ステータスなどいろいろ気になるものですが、一旦入り込んでしまったらどうでしょう?

この人の鼻の形がどうも…と思っていても、見慣れたら気にならなくなるのと同じで、それが普通になり、年の差もそれほど気にならなくなるのではと思います。

相手に対して本当に好きな気持ちがあれば、あれも知りたいこれも知りたいと忙しくなるはず。年の差による違いが新鮮で、寧ろより楽しめるかもしれません。

理由2価値観の違いによるトラブルには、年齢差がプラスに働く。

そうはいっても、年の差による価値観の差は埋められないのでは?と心配になる方もいるかもしれませんが、外国人とお付き合いしているところを想像してみてください。

あー、文化が違うしそんなものかな。

なるほど、そういう考え方もあるのか、と異なる価値観を受け入れやすいと思いませんか?年の差も似た効果があり、いろんな経験をしてきたこの人が言うんだから、そういう場合もあるんだろうな、と無理なく譲れたり、相手の意見を受け入れやすいというメリットがあります。

理由3とにかく問題が起こりやすそう…は思い込み!

でも、年の差カップルには問題が起こりやすいのも事実では…という方には、どんなカップルでも問題は起こります、という言葉を差し上げたいと思います。

上記結論部分にも書きましたが、2人の間で問題が起こり、これが上手くいかない原因だ、と何かの要因に結びつけたくなった時に、どこまで努力できるか。

本当に相手を想う気持ちがあれば、良好な関係を維持させるべく歩み寄る努力をするので、原因として、年の差を挙げなくなるでしょう。

そもそも年の差恋愛は何歳差が多いの?年の差恋愛って何歳まで可能?

結婚相手紹介サービス会社、株式会社オーネットの調査によりますと、全体では年齢差上下6歳未満が、7割という結果だったそうです。

面白いことに、結果として、男女共に20代では年の差3歳未満の割合が圧倒的に高かったのに対し、30代後半になると6歳以上の割合が高くなり、4人に1人は10歳以上の年の差のある相手とお付き合いをしていることが分かったそうです。

また別の調査では、男女により年上・年下で許容できる年齢差は逆転するものの、許容範囲として10歳を挙げる人が多いようです。

【年上彼氏編】年の差恋愛のメリットは?

続いて年上の彼氏に関して、年の差恋愛のメリットをご紹介しましょう!

・余裕があるのは、やっぱり年上彼氏

・彼氏が恋愛経験豊富なところが生きてくる

・人生経験が豊富な彼氏から、多くのことを学べる

それぞれ詳しくみていきましょう。

いろいろ余裕があるのは年上彼氏!

お付き合いを始めてまず感じられるのは、新しい経験をさせてもらえる楽しみではないでしょうか。

金銭的に余裕があり、自分が行かないようなお店を知っていたり、車の運転ができ、いろいろなところに連れて行ってもらえたり。

相手の世界を共有してもらい、一緒に体感することに喜びを感じるのではないかと思います。

また、人生経験が豊富で、想定外のことが起こった時に頼りがいのある姿を見て尊敬する、といった場面も出てくるのではと思います。

恋愛経験豊富なところが生きてくる!

相手が、過去に自分とは違う女性とどんな時間を過ごしたのか…と考えると切なくなることもあるかもしれません。

ところがお付き合いするうえで、それは大きなメリットになるでしょう。

人は学習によって成長するので、過去の恋愛中に経験したことは、失敗も含めその人の中で刻まれているはずだからです。

年上彼氏は恋愛経験が豊富な場合も多く、こちらの気持ちを思いやってペースに合わせる余裕があったり、嫉妬などのトラブルが少ないなど、良い形で経験が生きてくるでしょう。

相手の豊富な人生経験から学べ、自分も成長できる。

全く異なるバックグランドを持ち、自分よりも長く生きてきた相手に、これまでの人生経験から得た知見を共有してもらえることが、何よりの価値と言えるかもしれません。

相手の知識や教養を掘り出し、自分に取り込んでいく。疑問や不満をぶつけ、価値観の違いを共有し共存させるべく深い会話をする。自分の成長を事細かに感じられるという点で、恋愛の喜びほど、人を高揚させ成長させるものはない、と言っても過言ではないかもしれません。

【年上彼氏編】年の差恋愛のデメリット

メリットがあれば必ずデメリットはあるものです。

以下では、年の差恋愛のデメリットについてもご紹介していきましょう。

・見た目、体力面が気になるかも

見た目や体力面は、気になる場合もあるかも…。

年上の相手のデメリットとして気になる代表的な点は、やはり見た目や体の衰えでしょうか。

ハゲてたり、お腹が出ていたりと、「一緒に彼氏とあるくなら・・・」といった理想と外れている場合もあるでしょう。

ファッションセンスにずれがある

またファッションセンスの年齢差も気になるという人もいるかもしれません。

服装ってある意味で、自己表現の場ですから、「ちょっとおじさんくさいな〜」と思ってしまうと、

また、気持ち・体力面で若い相手のようにはいかず、アクティブなデートができなかったり、セックスライフに不満がある…ということもあるかもしれません。

2話や感覚の違いを、楽しめないこともある。

昔の話題で盛り上がろうとしても、流行ったものが違い過ぎて話が合わない、ということもあるでしょう。

世代によって、異なる感覚があるので、オヤジギャグが鬱陶しい、話し方が古い、笑いのツボが違う、などもデメリットとして挙げられます。

それが持ち味として楽しめればいいのですが、相手によっては、年上の自分がリードすべしと強く思い過ぎて、自分の意見を押し付けたり説教をしがちで、嫌になってしまう、という場合もあるかもしれません。

【年下彼氏編】年の差恋愛のメリットは?

続いて、年下彼氏についてご紹介しましょう。

・相手の未熟さのおかげで、気楽に付き合える。

・若さは希望!気持ちが救われることも。

・自分磨きを怠らずに済む。

この3つをそれぞれ解説していきますね。

相手の未熟さのおかげで、気楽に付き合える。

年上彼氏とのお付き合いの場合、自分の至らなさが目についたり、注意されることで自信をなくしたりするので、きちんとしなければと頑張らなくてはならないと思いがちです。

でも相手が自分より年下であることで、多少未熟でも許せたり、緊張が少なくて楽、という意見があります。

また年上彼氏とは違って、見た目が若いので、隣を一緒に歩いていたら気持ちが良いなんてこともあります。

言葉は悪いですが、少しペットのような感覚で、可愛さを感じ、見ているだけで癒される、という気持ちになる場合もあるかもしれません。

若さは希望!気持ちが救われることも。

若さには、それだけで価値があります。

希望に溢れている人は、精神的な強さがあります。

元気な年下の彼と話すうちに、複雑に考え過ぎていたかも…と気持ちが変わり、相手のカラッとした一言で落ち込みから立ち直れる。

そんな副産物もあるかもしれません。

アクティブで、新しいことに一緒にいろいろチャレンジできるメリットも大きいでしょう。

溌剌とした姿に刺激をもらえたり、参加することで経験を一緒に吸収できるという楽しみを得ることができると思います。

自分磨きを怠らずに済む。

年下の彼の方が、オシャレや流行に敏感で外見にも気を遣うので、自分もできるだけ若く美しくいなければ、と自分磨きを怠らなくなる、というメリットがあります。

向こうも気にしていなさそうだし、自分も適当でいいか…、と思ったら最後、楽する道へまっしぐらですからね…。

気持ちがだれると見た目もだれてしまいます。彼の友人を紹介された時に、友人にオバサン認定されるのはやはり悔しい、と奮起する人も多そうです。

【年下彼氏編】年の差恋愛のデメリット

最後に年下彼氏のデメリットについてもご紹介しましょう。

 

自分が年上だからと相手をリスペクトしなくなる。

最初は、自分との違いに惹かれたはずなのに、時が経つにつれてその長所が色褪せて、しまいには苛立ちを感じるようになるのは、恋愛のあるあるではないでしょうか?

年下という意識が強過ぎると、相手の未熟な面が目立ち、リスペクトが足らなくなり、揉めやすいというデメリットが挙げられると思います。

この人はダメだ、自分がリードしなければと思い込み、辛くても甘えられなくなって、疲れてまたトラブルに、なんて悪循環もありがちです。

包容力の点は弱い。

若いとどうしても、その経験値不足から、周りに目がいかず自分中心の考えになってしまいがちです。

デートの予定一つでも、彼女の体調や最近のスケジュールを思いやって立てることができなかったり、彼女が落ち込んで慰めて欲しい時も、自分に余裕がなく、雑な返答をしてしまいトラブルになる、といったことが起こりやすいのではと思います。

年下の彼氏に対しては、包容力は諦め、彼の器が大きくなるまで温かく見守る、など考えの切り替えが必要かもしれません。

まとめ

今回の記事は年の差恋愛について詳しくご紹介してきました。

いろいろとお話ししてきましたが、結論、互いに恋愛が成った場合なら、年の差なんてまったく関係ないと思います。

いろいろとメリットデメリットを踏まえた上で、楽しい恋愛を続けてくださいね。

【Hulu】2週間無料トライアル中

【Hulu】は7万本以上の作品見放題!
【Hulu】は7万本以上の作品見放題!