映画『センセイ君主』のあらすじ・ネタバレ結末【爆笑必至!最高のラブコメ映画】

「センセイ君主」は2013年からマーガレットコミックスにて連載されていた恋愛漫画で、著者は「ヒロイン失格」なども書かれた幸田もも子さんです。

本作がその恋愛漫画を実写化したものです。

この映画は一言「胸キュン爆笑ラブコメ」です。

てかコメディー要素がめちゃくちゃ多くて、正直、爆笑できます。

主演の浜辺美波さんのぶっ飛んだキャラが最高で、これまで僕の抱いていたイメージは完全に覆されたって感じです。

この記事では、あらすじを書いていこうと思います。

センセイ君主のあらすじ・ネタバレ結末

それでは映画センセイ君主のあらすじ・ネタバレを紹介していくことにしましょう。

あらすじ01.告白7連敗中!ヒロイン佐丸あゆは

この物語の主人公である佐丸あゆは(浜辺美波)は告白7連敗中のおバカで、何事にも全力投球な恋に恋する女子高生です。

フラれてしまい牛丼屋にて、親友であるアオちんこと中村葵(川栄李奈)に電話で慰められながら必死にやけ食いしてしまいます。

しかし財布の中は空っぽ。

そこに、さっそうと現れたイケメン。

彼はあゆの分まで支払いを済ませて去っていきました。

そこであゆはは、すぐに失恋から吹っ切れ、新しい恋をすることを決意します。

あらすじ02.イケメンな先生弘光由貴

 数日後新しくクラスの担任として赴任してきたのはあの時のイケメンでもう一人の主人公の弘光由貴(竹内涼真)でした。

あゆははこれぞ運命の出会いだとすっかり舞上がっていました。

そこで、恋の相談といってあゆはと葵は弘光先生に近づくが冷たくあしらわれます。

それに腹を立てたあゆはは奮闘します。

そこで急遽、同級生に告白され、喜びのあまりOKしてしまいます。

デートをしますが、全くときめかず振ることにします。

その結果、噴水に突き落とされてしまいますが、弘光先生が助けてくれます。

正論を言われたことに悔しくなったあゆはは、最高の彼氏を作って見返してやろうと決意します。

あらすじ03.弘光先生を好きになるあゆは

ある日、日直になったあゆは弘光先生の元へノートを届けに行き、あゆはの渾身のモノマネをします。

すると先生は初めて素の笑顔を見せます。

その笑顔にあゆはは、思わずときめいてしまいます。

そんな中、雨で家に帰れなくなってしまったあゆはは、弘光に家まで送ってもらうことになります。

急遽先生の家にお邪魔することになり、あゆはは告白しようとします。

ところが、顔に出やすいあゆはは、する以前にあっさりフラれてしまいます。

あらすじ04.弘光先生を振り向かせるために!

 しかし、あゆははセンセイを振り向かせるためにあらゆることを試みます。

そんな中、ホームルームで文化祭実行委員が決まらず、先生が困り果てる状況となります。

あゆはは、思い迷わず手を上げ、彼女と幼馴染の澤田虎竹(佐藤大樹)が実行委員に選ばれることになります。

あゆはと虎竹は、早速合唱曲の相談をしに、弘光先生のもとへ行くと、実は先生も音楽好きだと話を始めます。

その後、あゆはは、弘光先生とコンサートを観に行くことになり、そこでピアニストの女性が「次はゆきちゃんに捧げます。」と言って演奏します。

そのゆきちゃんが弘光先生を指しているとも知らず、あゆははその曲を気に入り、合唱コンクールの曲に選んでしまうのでした。

あらすじ05.恋のライバル登場!

そんな中、学校には先日のピアニストの西門秋香(新川優愛)が現れます。

実は、秋香は弘光先生と幼馴染だったのです。

そんな良い雰囲気の二人の姿を見ているとあゆはは悔しくなって暴走してしまいます。

葵から「後夜祭のプロジェクトマッピングを見ながらキスした男女は一生結ばれる」という伝説を聞いたあゆはは、弘光先生を誘うも一蹴されてしまいます。

秋香は「弘光先生にもう一度数学に向き合ってもらうためにフランスに連れ戻す。」とあゆはに伝えます。

あらすじ06.盛り上がる!合唱本番

あゆははモヤモヤしたまま合唱の本番を迎えました。

そして自分の恋よりも弘光先生の夢を応援することを決めました。

それを思うと、あゆはは涙があふれだしてしまい一人でステージを飛び出して行ってしまいます。

そしていよいよ後夜祭が始まり、あゆはを探す弘光先生は、秋香に呼び止められるが、

目が離せないやつがいるんだ

と言ってあゆはを探しに行ってしまいます。

数学準備室にあゆはの姿がありました。

しかし、すでにプロジェクトマッピングは始まってしまっています。

そこで、弘光先生への恋心をあきらめ先生の夢を応援すると告げ、あるノートを抱えたまま出て行ってしまいます。

あゆははそのノートを燃やそうとしますが、虎竹が「俺が捨てといてやる。」そういってノートを数学準備室にいる弘光先生のもとへもっていきました。

そのノートの最後には、

 (先生に幸せになってほしい→先生は数学が大好き→だから先生は数学のためにフランスに行くのが幸せ。

それを見た弘光先生はそのまま職員室に向かい、退職届を提出します。

ネタバレ・結末.あゆはの恋の結末は・・・?

 そうして学校から先生が去ってから一年半が経過しあゆはは無事に卒業式をむかえます。

しかし靴箱にはあのノートが入っていました。そのノートには弘光先生の思いも書き加えられ、最後のページには

数学準備室に来てください

という文字が。

 あゆはは急いで数学準備室に向かい扉を開けます。

そこで弘光先生は「卒業おめでとう。俺も卒業してきたよ。自分のしたいことから逃げて、あゆはを不幸にしないために。」

「今なら先生でもない。したかったこと叶えてあげる。」

これにあゆはは、てっきりキスのことだと思いドキドキしていて待っていると、ほっぺに「大変よくできました」のスタンプを押されてしまいます。

そしてエンディングに突入します。

映画『センセイ君主』のメインキャスト

 

浜辺美波→あゆは役

不器用だけれど、恋にまっすぐなヒロインあゆはを演じるのは、浜辺

最近、CMなんかでよく見るようになった、今注目の若手女優さんですね。

漫画・アニメのように何かとオーバーなリアクションや表情が多くて、一言でかなりぶっ飛んだキャラ演じてています。

なので結構笑えますし、楽しめます。

だから映画『君の膵臓を食べたい』の美波さんのイメージをもってると、「え〜こんな演技もできるんだ!」とそのギャップに驚くと思います。

2011年の第7回「東宝シンデレラオーディション」で、ニュージェネレーション賞を受賞。

同じ年に公開されたの映画「アリと恋文」でデビューしました。

7回連続で振られた高校生

竹内涼真→弘光先生役

優しさや不器用なとこをもったイケメン先生を演じるのは、竹内涼真。

今、女性からの人気が急上昇中の俳優さんです。

弘光先生は、表面だけ見ていると、めちゃくちゃ横暴で、捻くれ者なんです。

でも作品が進むと、徐々に「あ〜この先生すごく優しいな」ってことがわかってきます。

竹内がデビューするきっかけとなったのは、「次男は君だ!!オーディション」でグランプリをとったことから。

その後、『仮面ライダードライブ』の主演をつとめたことをきっかけに、人気が出てきて、人気ドラマ『下町ロケット』や、NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』などに出演されました。

映画に関しても『青空エール』や『帝一の國』、『初恋ロスタイム』などに出演されています。

映画『センセイ君主』のレビュー ・感想

最後に、『センセイ君主』をみた方のレビュー・感想をまとめておきましょう。

感想01.胸キュン間違いなしの映画!

感想02.テンポが早い!→飽きさせない展開

感想03.何回でも見なおせる恋愛映画

感想04.めちゃくちゃ笑える映画

【Hulu】2週間無料トライアル中

【Hulu】は7万本以上の作品見放題!
【Hulu】は7万本以上の作品見放題!